病院で改善できる更年期障害|生活の質をアップ

下を向く女性

症状と対処法

更年期障害は更年期前後の女性の多くが経験する症状です。個人差がありますから、短期間で自然に症状が治まることもありますし、長期化してしまい自分で制御できず専門的な治療が必要になることもありますから気を付けましょう。

頭を抱える人

若い頃からの健康対策

更年期障害とは自律神経や精神に関する不調を示した症状であり、ホルモンバランスの崩れによって起きます。ホルモン分泌能力の低下は加齢によって避けられない現象のため、若いうちから生活習慣で対策を取る事が必要です。従来は更年期女性の病気と考えられていましたが、今は対象の広がりが予想されています。

カウンセリング

更年期の過ごし方

更年期障害の症状はいろいろあり、最近ではいろいろな世代でも更年期障害になることがわかりました。そのことから、更年期障害の専門外来などがある病院もできてきているので、不安なことなどがあれば一度専門科に見てもらって治療をすることがお勧めです。

発症の可能性は誰でもある

看護師

男性も注意しましょう

「更年期障害」というと、多くの人は中年以降の女性が発症する病気ということをイメージするのではないでしょうか。確かに、以前はそのように言われていましたが、近年では女性だけではなく、男性も更年期障害を発症すると言われるようになりました。症状としては、倦怠感や頭痛、ほてり、多汗、下痢、呼吸困難などの他に、抑うつ状態や不安感・イライラ感を感じるなどの精神的な症状を感じる場合もあります。これらの症状は、男性ホルモンの分泌が減少することによって引き起こされています。適切な治療を受けなければ、様々な病気を合併し症状が重症化してしまうリスクがありますので、症状を感じた場合には医療機関を受診することが大切ですが、自覚症状が無い場合もありますので、周囲の人も気をつけることも大切です。

生活を楽しもう

男性の更年期障害の潜在患者は日本で600万人程度いると推察されています。最近では、うつ病と診察を受けていたけれど、実際には更年期障害であったという例もあります。更年期を乗り切るためには、食生活の改善や定期的な運動、禁煙などを心掛けるようにしましょう。禁酒をする必要はありませんが、過度に摂取することは避けるようにしましょう。また、生活の質を高めるということも重要です。生活の質を高めるためには、個人だけで頑張るのではなく、周囲の人とのコミュニケーションを充実させることや趣味の時間を楽しむということも大切です。心身ともに生活の質を高めるという事が、発症した際の症状を乗り切るためには重要な事と言えます。

Copyright © 2016 病院で改善できる更年期障害|生活の質をアップ All Rights Reserved.